使い方」タグアーカイブ

縫い付けるタイプのがま口を作ってみよう

今回は、縫い付けるタイプのがま口の使い方を見ていきます。

紙紐を使うタイプよりかなり簡単で、ステッチ部分がデザインとしてもかわいいこのがま口、ぜひ1度作ってみてくださいね。

穴の空いていない、普通のがま口の作り方は こちら からどうぞ。

使用した材料

  • 表布
    今回は立体的なパターンを使用していますので、2種類の生地をはぎ合わせて使っています。どちらもシーツやナプキンくらいの厚さの生地です。
     
  • 裏布
    表地と同じような質感の、コットンシーチングを使用。
     
  • がま口の金具
    本体・型紙とも8.5cmタイプを使用しています。
     
  • がま口を縫い付けるときの縫い糸
    金亀つよい糸を使いました。
    その他お好みで、好きな色の刺繍糸4本どりで縫うとステッチが綺麗に見えます。

縫い付けるがま口について

プレーンながま口

プレーンな、何にでもよく合うタイプ。
今回は8.5cm幅を使用しています。

ツマミが小鳥になったもの

レトロな小鳥さんがついています。シンプルな柄の生地にあいます。

ゴールドのタイプ

薄金色のタイプもあります。きれいめの作品作りに。

波型タイプ

小ぶりのバッグなどが作れる大きさです。
持ち手をつけることもできます。

その他のがま口はこちらからどうぞ…

縫い付けるがま口をつけてみよう

まず本体の袋布を作っておきます。
今回は、がま口についている付属のパターンを使って組み立てました。
表袋布・裏袋布それぞれ1つづつ作っておきます。

がま口パターン作り方 を参考に、ご自分で作ってみるのも楽しいものです。

本体が出来上がりましたら、表袋布・裏袋布を上記の方法で組み合わせておきます。
縫い付けるがま口は裏側から縫い合わせ部分が見えてしまうので、切りっぱなしにはせず、必ず内側に処理して綺麗に見えるようにしておきましょう。

①まず、がま口の中心の穴と袋布の中心部分をずれないよう、しつけで軽く合わせておきます。
必要に応じて、左右両端もしつけしておくと作業しやすいです。

②縫い糸を用意します。
糸は丈夫なボタンつけ糸2本どりや、刺繍糸でしたら4本どりがちょうど良いです。

今回はボタンつけ糸を「わ」にして2本どりにして使うことにしました。

③縫い合わせていきます。まず写真のように、端から2番目の穴から針を出します。 

④次に、1番目の穴に戻って針を通します。 

⑤次は3番目から出して、4番目に入れます。繰り返し縫っていくと・・・

⑥このような感じで縫い目が出来てきました!

縫い終わりや、糸が足りなくなった場合は、できるだけ目立たないよう裏面に玉止めを作って止めてください。

シンプルな基本の縫い方が出来上がりました。

今回の基本の縫い方のほか、ステッチに変化を付けた飾り縫いの方法をこちらにまとめてあります。

ご参考にされてくださいね!

(2013.05.21 Mayuka Morimoto)

 

ラウンド切り替えバッグのパターンについて

このページでは、ショップで販売している型紙「ラウンド切り替えバッグセット」の詳しい内容についてご紹介します。

ファスナー付けがありますが、手縫いでもお作りいただけますし、難易度はそれほど高くないので初心者の方でもチャレンジしてみて欲しいです。

コロンとした可愛い形と切り替えが入ったデザイン

出来上がると、このような感じになります!
大きいタイプ・小さいタイプの2種類が作れます。

切り替えの組み合わせで、自分だけのオリジナルを

使う生地によって色々な表情になるこのバッグ&ミニポーチ、ぜひ自分だけの生地合わせでオリジナルをつくってみてください。
切り替え部分に、刺繍布を入れても素敵です。

パターンと説明書の他、便利な部分縫いの説明入り

気になるパターンはこのような感じになっています。
記号には見てわかりやすいように、文字の説明が入っています。
折り方など、見てイメージしやすいようにイラストで示しているところもあります。

パターンの他、ファスナー付けや持ち手の作り方について詳しくまとめた部分縫いの説明も入っており、この作品以外の制作にもきっと役立つはずです。

そのほか、ミシンで手早く縫い合わせる方法や、地直しの方法を記載したリーフレットも入っていますので、不慣れな方でも安心して制作に入ることができるよう配慮しています。

ブローチピンをネジで取り付ける

こちらのページでは、回転ピンをねじで止める方法をご紹介します。

今回使ったパーツはこちら。
国産の高品質回転ピンと、ちょうど良いサイズのネジのセットです。
このほか、小さいサイズのドライバーが必要になります。

今回は木のセッティングに付けてみますが、中に樹脂やボール紙の芯を入れたブローチにもしっかりと取り付け可能です。

それではさっそく取り付けしてみましょう!

①回転ピンに小さな両面テープをつけて、つけ位置に仮止めしておくと作業しやすいです。

②つけ位置が決まったら、穴あけの位置に目打ちやキリで少し穴を開けておく。

そこに、ドライバーでねじを入れて完成です!
紙や樹脂芯のブローチなど、柔らかい素材でしたら入れやすいのですが、今回のように硬い素材ですとちょっと入れにくいこともあります。

その場合は…

①一旦仮止めした回転ピンを外し、ねじのみを入れてしっかり穴あけをしておくと良いです。
木だと木屑や余分が出てくるので、そちらも丁寧に取って表面を平らにしておきましょう。

②あとはピンを戻して、しっかりとねじを入れて留めて下さい。
一気に入れると、木製のセッティングにヒビが入ることがあるので、ゆっくり作業を心がけましょう!

上手にできましたか?本格的な出来上がりですが、作業自体はそれほど難しくはありません。
木などの硬い素材でなければ、作業もやりやすいです。

くれぐれも怪我のないよう、気をつけて作業されてくださいね!

(2018.03.18 Mayuka Morimoto)

両面使えるセッティング台 +ふっくらカボションでつくる

ガラスカボションを使う、両面加工できるセッティング台をご存じですか?
表・裏と加工できるこのパーツ、色々な使い方ができてとっても面白いパーツなのです。

今回は、このセッティングとふっくらタイプのカボションをつかって、何とハムスターのチャームをつくりましたのでご紹介いたします☆

使用した材料

ガラスカボション 半球タイプ
ビー玉を半分にカットしたようなボリューム感があるガラスカボションです。2枚貼り付けることで、ボール状になるので面白いです。

  

両面使えるセッティング台
いろいろなサイズがありますが、ガラスカボションに合わせて20mm用を使いました。
普通のセッティング台は片面のみパーツを乗せられますが、こちらは両側にお皿がついて、両面ともに乗せられます。

  

コーティングシート
レジンがにじまないよう、紙に貼って使用します。こちらを使用しました。

  

ハムスターのシール
お好きなシールでもOKです!
 

土台の紙
ハムスターのシールを貼るための、バックに使う紙です。ごく普通のメモ用紙くらいの厚さの紙を使いました。
 

UVレジン
ショップにあるものを使用しました。

 

両面テープかボンド
出来上がったカボションをセッティングに貼り付ける際に使います。今回は両面テープを使用、作業がしやすくおすすめです。
   

①今回はハムスターのシールを使いました。土台のペーパーににじみ防止シートを貼っておきましょう。

②シートを貼った上に、好きなシールを張ります。店主がハムスター好きのためこのようになっていますが、お好きなイラストや、わんちゃんねこちゃんのペットの写真でもよいですね。

③カボションにレジンを塗って、土台の上に貼りました。ボンド感覚で塗って大丈夫です。

気泡が目立つ場合は、指で少し押しながら外側に逃しておきましょう。
このままUVライトや太陽の光の元に放置して固めます。

④レジンが固まってしっかり接着されたのを確認してから、ハサミで切り抜き、セッティングに貼り付けます。ボンドでも、両面テープでもOKです。

表・裏にそれぞれ貼り付けたところです。今回は両面テープで貼り付けました。
裏面はお花にしてみました。

これで完成です!ハムスターのぷっくり感がかわいい〜(◜ω◝)
ガラスカボションは、レンズのようになっていて、中のイラストが写り、少し大きくふっくらと見えます。
 

(2014.10.08 Mayuka Morimoto)

ばね金具を使って 簡単かわいいぺたんこケースの作り方

こんにちは!
今日作るのは、ばね金具を使ったぺたんこケースです。

ばねポーチというと、口の部分にギャザーが入りふっくらしたものを想像しますが、こういった平たい形も作りやすく、かわいいです。

今回の手順では、中に仕切りもつけましたので、カードケースや小物入れとして、とっても重宝します。

もし、仕切りが必要ない場合は、飛ばして作っても大丈夫。
また、厚手の生地でしたら、裏布なしでも使用には問題ありません。

ばね金具とは、こんな形をした手芸用のパーツです。

作り方がわかるとアレンジもしやすく、とても重宝する保存版レシピです。
それではさっそく、見ていきましょう!

使用した材料

  • 表布
    今回は少し厚みとハリのあるコットン・リネン混紡を使用。柔らかな布で作っても、可愛いポーチが出来上がります。
     
  • 裏布
    今回はシーツくらいの厚みのコットンシーチングを使用。
     
  • ばね金具
    幅1.5cm、長さ12cmのもの

    ばね金具も色々なサイズ・仕様の商品があります。
    今回はショップで扱っている、幅が1.5cmと広めのものを使いました。
    壊れにくく、レザーなどハードな素材にもおすすめです。

<縫い代付きのパターンです 縫い代は全て7mm>

  • 表布は、図の赤点のとおり端から6.5cmのところ4か所それぞれに印を付けておいてください。
  • 材料の他に、かなづち、厚みのある雑誌をご用意ください。

1 表布を作成する

①表布の端をアイロンで3つ折りにしておきます。
縫い代は7mm、印をつけておいた赤点から1cmあけて写真のように3つ折りにしておきます。

②中央で折り中表に合わせ、端を赤点まで縫い合わせます。
(中表・・・中で表同士が合わさるように重ねること)

③縫い代を両側とも写真のようにアイロンで割り、キレイに整えておきましょう。

整え終わったところ

④縫い代上部にステッチを入れて、止めておきます。

⑤表に返して、アイロンで整えておきます。
表袋布の完成です!

裏布が必要ない場合は…

もし表布のみの一枚仕立てにする場合は、裏布が必要ないのでこのまま金具を入れる手順に進みます。

2 仕切り布をつくる

①仕切り布を中表に合わせ、端を縫い合わせます。

②縫ったら表に返し、更にステッチを入れるとキレイに仕上がります。
ステッチはなくてもよいです。

③裏布本体を中表に折り、間に?の仕切りパーツを挟みます。

④重ねて、写真のように仕切りパーツの挟まっている部分まで縫い合わせます。
両端とも2箇所縫い合わせて、袋の形にします。
仕切りパーツより上部は縫わずに空けてお来ます。

⑤縫い終わったら、両サイドの縫い代を写真のように割って、整えておきます。

両側を整えて、袋型になったところ。

3 袋を整え、金具を入れる

①表袋布のなかに、裏袋布を重ねます。
隅のほうまでキレイに入れましょう。

②裏布を三つ折りの袋の口部分で挟み、写真のように整えておきます。

③三つ折り部分をミシンで縫いとめます。
金具の入れ口が出来上がりました!

④袋布にばね金具を入れます。

Point: ばね金具には上下があるので、かならずピンの頭が上になるように入れましょう。

⑤ばね金具にピンを入れ、金づちで打って止めます。
写真のように、厚手の雑誌を下敷きにして打つと入れやすいです。

完成しました!中の仕切りはキレイにできましたか?


平たいタイプでつくる時は、口のギャザーを入れすぎないほうがスッキリしたデザインに仕上がります。
表面が割とフラットに仕上がりますので、刺繍作品のお仕立てや柄の大きな生地にもぴったりです。

(2013.06.20 Mayuka Morimoto)

縫い付けがま口ステッチのバリエーション

今回は、縫いつけタイプがま口のステッチのバリエーションをご紹介します。

このような感じで、ステッチがデザインの一部になり、
かわいい仕上がりになります!

縫い付けるがま口について

今回使ったがま口

プレーンな、何にでもよく合うタイプ。
今回は16cm幅を使用しています。

ツマミが小鳥になったもの

レトロな小鳥さんがついています。シンプルな柄の生地にあいます。

ゴールドのタイプ

薄金色のタイプもあります。きれいめの作品作りに。

波型タイプ

小ぶりのバッグなどが作れる大きさです。
持ち手をつけることもできます。

その他のがま口はこちらからどうぞ…

がま口のステッチ方法

①一つ目の穴の位置を本体に写す。
今回は色の濃い生地を使用しているので、銀色のボールペン(よく文房具店で見かけるタイプでOK)を使用しています。

②玉結びを見えない位置に隠す。

③そのまま、がま口の一番目の穴に通す。

④穴の斜め上に刺す。
最初の穴だけ、しっかりさせるため2回重ねて縫うと良い。

⑤2回重ねて縫ったら、写真の位置から針を出す。

⑥そのままがま口の2番目の穴に刺し、また次の斜め上に出す。

⑦次は2番目の穴に戻る(図の①)

⑧また斜め上から出して(図の②)次の穴に刺す(図の③)
これを繰り返していくと・・・

このような感じで縫いつけられていきます。
上記の手順の通りに縫うと、裏面が綺麗になります。

端がレースのようになったスカラップ型のがま口ではなく、普通のストレートなものでも、また違った雰囲気になり、面白いです。
糸の色を変えたり、色々工夫して楽しんでみてくださいね!

(2015.07.27 Mayuka Morimoto)

ガラスカボションを使って小物作り


今回は、decole’luでお取り扱い中のガラスカボションの使い方をご紹介します。

お気に入りの布やイラスト、写真、押し花などを
素敵なチャームにすることができます。

両側にカンのついたセッティングを使うと、オリジナルのタグになります。

上からガラスのカボションを張り付けるだけですが、立体感が出てレジンで閉じ込めたような雰囲気。しかもガラスの質感なので、レジンだけよりも高級感も出ます。

布以外のイラストペーパーや写真でも作ることができますし、平たいものしか入れられませんが、なかに押し花や薄いチップなども入れることができます。

ガラスカボションについて

いろいろな大きさや形があります。
作りたいものや、使いたいセッティングに合わせて選んでくださいね。

どのタイプにもレンズのような効果があり、中に入れたイラストを少しだけ大きく見せてくれます。

ラウンド タイプ

プレーンな、何にでもよく合うまるいタイプ。

ラウンドふっくら タイプ

ビー玉を半分にカットしたようなボリュームがあります。
レンズのように、中に入れたものがかなり大きく映ります。

オーバル タイプ

レトロでおしゃれな楕円タイプ。
中に入れたイラストなどを素敵に見せてくれます。

スクエア タイプ

タイルのようにも使えるスクエアタイプ。


両面に貼り付けができるセッティングを使うと、ボールのようなチャームを作ることもできます!
アイデア次第でいろいろなチャーム・パーツを自作することが可能です(◜ω◝)

チャームの作り方

①ガラスカボションの裏面に、レジン液を0.5~1mmくらいの厚さに塗る。

②チャームにしたい柄の部分にカボションを貼り付ける。
出来るだけ気泡を外に逃がしながら、指で押えてきれいに定着させてください。

レジン液の方が透明度が高く、気泡が入りにくいのでおすすめです。
生地が薄くて頼りない場合は、生地の下に両面テープで紙を1枚貼りつけるとしっかりします。

写真では、レジン液やボンドが布にしみないよう、フィルムシートを貼ってから加工しています。

③レジンがしっかり固まってから、不要な部分をカットする。

カボションができあがりました!

出来上がったカボションは、両面テープもしくはボンドでセッティングに貼りつけてお使いください。デコ用ボンドで貼り付ける場合は、裏面にもにじみ防止シートを貼ると良いです。

また、セッティングに入れたとき下地が透けて、何となく色がくすんで見える場合は、布やペーパーの下に白い紙もしくは布を一枚貼ると発色がきれいになります。

中に押し花を入れてみる

①薄くレジン液を塗る

②上にそっと押し花やチップ、ラメなどを乗せる。

③上から更に薄くレジン液を塗る。

④紙や布などの土台の上に乗せて、しっかり定着してから余分をカットする。
素材によっては染み込むので、フィルムシート等を貼ると良い。

(2013年に編集した内容のため、加筆・変更などをしました)

decole’luでガラスカボションをみる

(2013.05.20 Mayuka Morimoto)

基本のばねポーチの作り方

今回は、基本のばねポーチの作り方手順をまとめてみました。
12cmサイズで制作していますが、どのサイズのばね金具にも対応できるレシピです。

レシピは、全て縫い代付きです。アレンジがしやすいようなシンプルなレシピです。
また、いろいろな大きさの金具に対応できるように説明を入れてみました。
カンのついたタイプでも作れます。

また、ばね金具の代わりに紐を2本通すと、巾着にもなります。

基本のばねポーチの作り方

パターンは縫い代7mm付きです。
出来上がり寸法:高さ約11cm 横幅12~13cm 厚さ3.5cm 

a、b、cの長さを変えることで、他サイズのばね金具でもお作りいただくことができます。

a:ばね金具のサイズによって変えてください。

ばね金具のサイズaの長さ
8.5cmサイズ12.5cm
10cmサイズ14.5cm
11cmサイズ16cm
12cmサイズパターン通り

b:変えることで、出来上がりの高さを変えることができます。

c:ばね金具の幅によって変えてください。巾着の場合は紐の太さによって変えてください。

ばね金具の幅1cm1.5cm 
ばね金具の幅1.5cmパターン通り
5mmくらいの太さのひも(巾着)1cm

–使用した材料–

表布

今回はチェックのダブルガーゼを使用しています。
柔らかい生地ですが、しっかりした生地で作るのも良いです。

裏布

今回はコットンシーチングを使用。ナプキンやバンダナのような質感です。

ばね金具

長さ12cm・高さ(幅)1.5cmのものを使用しています。

巾着にしたときの紐は、5mmくらいのものを使用しています。

1 表布と裏布を縫い合わせる

①表布・裏布を中表に合わせて縫い、縫い合わせる。
(中表…表同士が合わさるように重ねること)

②縫い代を割り、アイロンをかけ、縫い代部分が中心に来るように形を整える。

③形が整ったら、金具通し口(今回は2.5cm)を空けて両端を縫う。
返し縫いを入れるとよい。

金具通し口の長さは、金具の幅+0.5~1cmで計算しましょう。
今回は幅1.5cmの金具を使用していますので、2.5cm空けました。

また、巾着にしたい場合は、金具通し口の長さを1cm〜1.2cmくらいにすると良いです。

2 表にかえす

①表にかえす準備をする。
縫い目に沿って写真のように縫い代を倒してアイロンをかけておくと、これからの作業がしやすい。

②「金具通し口」の部分はこのように折っておくと良い。

③まちをつまみ縫う。
角4か所ともこのように縫っておく。
今回の作品は、まちを3cmにしてあります。

④縫い合わせた部分を5cmくらいリッパーや小鋏でほどいて返し口をつくる。

⑤返し口から中身を引き出して、表に返す。

⑥表に返し終わったところ。

⑦裏布を入れ込み、袋の形に整えていく。

⑧返し口をまつる。

3 ばね金具を入れる

①図のように金具をに、ぐるりとステッチを入れる。

②金具入れ口から、ばね金具を入れる。

③金具は、ピンの頭が上向きになるように入れる。

④ピンを金づちで打ち込む。
ピンはずれないように指で押して差し込んでから叩くと入れやすい。

⑤厚手の本などを台にするとしっかり打ち込むことができる。
電話帳懐かしい…(◜ω◝;)

形を整えたら完成です!
金具の代わりに紐を通すと、巾着になります。

(2015.04.08 Mayuka Morimoto)

スナップボタンの取り付け方

今回は打ち具を使った、本格的なスナップボタンのつけ方を分かりやすくご紹介いたします

取り付けると、このような感じになります。

かなりしっかりとしたボタンなので、トートバッグの口や上着のボタン、お財布やキーケース、カードケースの開閉口、レザーアイテムなど、市販品によく使われています。

本格的な仕上がりですが、取り付け自体は難しくありません。

Sサイズや、デザインの入ったものは、やや取り付けが難しいことがありますので、Mサイズの取り付けに慣れてからチャレンジしてみてください。

開閉口以外にも、色々な使い方ができます。
クリックで、詳しい内容を見ることができます。

スナップボタンの取り付け方

–使用した材料–

スナップボタン

今回はシンプルなタイプを使って説明します。
デザインの入ったタイプはシンプルなタイプを何度かつけてみてから使うと良いです。

打ち具Mサイズ

スナップボタンをつけるために必要な打ち具です。
練習用のボタンも二つお付けしています。

丸い台座

台座は、無くても取り付け可能ですが、あった方が作業がしやすいです。無い場合は、厚みのある木の板など固くてしっかりした土台をご用意ください。

・金具類のほか、金づち、目打ちが必要になります。
・下敷き用に厚手雑誌、キズ防止のアテ布があると便利です。

ボタンのサイズは3種類あります

打ち具サイズ基本のボタンサイズ
Sサイズ用打ち具10mm
Mサイズ用打ち具12mm
Lサイズ用打ち具15mm

作業に入る前に、取り付けの際の注意点

※付けるのは難しくないのですが、もし付ける場所を間違えて、外したい場合は非常に難しいのでしっかり場所を確認した上で取り付けしましょう。
また、付け具合などを確認するため、必ず別布で試してから本番の取り付けをしてください。
当店の金具には、練習用のボタンを2個お付けしております。  

※少々厚みのある、しっかりした土台に馴染む金具です。
薄いものや、ひらひらしたものには付けてもなじまなかったり、基布が破れたりしますのでご注意ください。
綺麗に仕上げるには、1mm以上の厚みが必要です。

※まずは、Mサイズの取り付けから始めてみましょう。
Sサイズやデザインの入ったものは、打ち具合などに少しコツがいりますので、慣れてからの使用をおすすめします。

取り付け自体は簡単なので、付ける際のミスをなくすことが成功させる一番のポイントになります!

取り付けてみましょう

スナップボタンひと組に、金具が4ケ付いていますが、それぞれ金具をこのように組み合わせて使います。

上ボタンの組み合わせ

下ボタンの組み合わせ

まず、上ボタンの取り付けです。取り付けたい部分に目打ちで穴をあけます。

1 上ボタンの取り付け

②穴に、足が長い方の金具を通します。

③もうひとつの金具で、ふたをします。

④台座がある場合は、平らな方の上に置きます。

⑤穴に先が尖った方の打ち具をセットします。穴にすっぽりと固定されるように押し入れてください。

⑥金づちで叩いて入れます。真上から叩くのが綺麗に入れるコツです。

上から強く10回くらい叩いて、様子をみて、足りなければ更に数回たたいてみましょう。

写真ではそのまま作業していますが、厚手雑誌の上に乗せて叩くと、作業しやすいです。

はむさん

台座は無くても取り付けは可能ですが、下にちょっと硬い木の板などを敷くと良いです。ずれやすかったりパーツが変形しやすいので、当て布を敷いたり、注意しながら取り付けしてみてください。

特に、ポッチが出ている方のパーツは専用の台座以外だと変形しやすく、ポッチの部分がつぶれて変形すると、ボタンが閉じなくなります。

少しづつ叩いて、ボタンが閉じるか確認しながらつけてみましょう。ずれやすかったりパーツが変形しやすいので、注意しながら取り付けしてみてください。

飾りボタンのタイプを付ける場合は、台座の上にアテ布を敷いてからセットするとよいです。

2 下ボタンの取り付け

①目打ちなどで穴をあけて、足が長い方のパーツを通します。

②上にポッチのついたパーツをかぶせます。

③台座がある場合は、平らな方もしくは、溝にボタンが合う場合は溝がある方にセットします。使いやすい方で構いません。

④上からへこんだ方の打ち具をセットします。

上ボタン同様、金づちで叩いて入れます。


Finish!!

これで、取り付けが完成しました!

仕上げに、それぞれの取り付けた上から当て布を一枚あてて、更に軽く金づちで叩くと土台にしっかりなじみます。

収まり具合をみながら強すぎないように叩くのがコツです。

仕上げに叩くと、仕上がりが良くなりますので試してみてください。

くれぐれも、叩きすぎてボタンを壊さないよう、気をつけてください。

※Mサイズは比較的簡単に付けることができますが、Sサイズは台座からずれやすく特にポッチが出ている方のパーツは変形しやすいです。

ゆっくり、ポッチを潰さないように少しづつ叩いて入れるのがコツです。

その際、ボタンが閉じるか確認しながら入れてください。

打ち過ぎると、ポッチ部分が変形してボタンを閉じることができなくなりますので、必ず何度か練習してから作品に取り付けてください。

(2013.10.14 Mayuka Morimoto)